周辺パーキングと成田パーキングの違い

車を使って移動する際には、パーキングはとても大切であり、使い勝手が良いことが重要です。そのため、目的の施設などからできるだけ近い場所にあるほうが人気もあり、値段が安ければそれに勝ることはありません。そのようなパーキングですが、その施設を利用する人専用のものやその周辺にあるパーキングなどがあり、それぞれ特徴が違います。パーキングを利用する際には、その点も注意して選ぶことが大切です。空港などを利用する際にも、空港のパーキングなのかそれとも周辺にあるパーキングなのかによって、使い勝手も特徴も違ってきます。成田パーキングを利用するときも同じで、周辺のパーキングとの違いをよく理解しておくことが大切です。違いを把握して、効率的に利用しましょう。

ターミナルまでの距離の違いがあります

成田パーキングとその周辺のターミナルで大きく違うものは、駐車してからの移動距離になります。成田空港は第1から第3までのターミナルがあり、それぞれ離れています。そのためパーキングを利用する際には、最寄りのものを使うことで移動距離を少なくすることが可能です。空港内駐車場であれば、そのような移動距離を少なくすることができるので、楽に移動することができます。パーキングもP1からP5まであるので、利用するターミナルの近くを使うようにしましょう。しかし、空港内駐車場は、移動距離が短くて済むため混雑していたり満車であったりすることがあります。そのような場合には、次に近いパーキングを利用するなど臨機法辺に対応することが必要になるので、そのことも忘れずに考えておきましょう。

対応しているサービスの違いがあります

成田パーキングは、空港内駐車場であるのでターミナルに移動する際も、歩いて移動する必要があります。ターミナル間は無料の連絡バスがあるのである程度楽に移動することができますが、手間がかかってしまいます。しかし、周辺のパーキングでは送迎サービスをしているところもあり、便利です。周辺のパーキングでは、送迎サービスや帰国したときに空港まで車を届けてくれるサービスがあります。空港内駐車場であっても、ターミナルからは歩いてパーキングまでいなければいけません。そのため、荷物が多くあったりする際には、移動するのも面倒だったりします。その点、サービスが充実している周辺のパーキングを利用することで、楽に移動することができます。しかし、空港からは距離が離れているので、時間に余裕をもって移動することが大切です。